Sweet-dress.net

 

ウエディングドレス

 

ウェディングドレスとは

ウェディングドレスとは結婚式や披露宴などで花嫁が着ているトラスのことをいいます。
正式なウェディングドレスは純白で、ヘッドドレスをつけ、胸元や肩はあまり出さない方が好ましいとされています。
また、トレーンやベールは、長いものほど格調があるとされています。
ベールは床まで引く長いものが正式ですが、最近ではウェディングドレスを着た時のデザインにより長さを決めることが多いようです。

 
 

ウェディングドレスの歴史

ウェデイングドレスの歴史は意外と古く、その発祥はローマ帝国時代にキリスト教がヨーロッパに普及していき、結婚式が教会で行われるようになり、教会で結婚式を行われていたときに花嫁が着ていた衣裳がウェデイングドレスの始まりだそうです。

花嫁といっても、結婚式でウェデイングドレスの衣裳を着ていたのは王族や貴族の一部の人達で、一般の人たちにはあまり浸透しなかったそうです。
中世の結婚式では宗教の儀式服などが使用されており、18世紀後半になると花嫁の純潔の象徴として白色を基調とするようになったみたいです。
元々世界の各地の民族や文化には独自の結婚装束があったのですが、西洋文化が広まることによって、ウェディングドレスも広く浸透していくようになったのです。
日本で最初にウェディングドレスを着たのが1873年になり、長崎の女性で中国人と結婚したときに初めて日本でウェディングドレスを着用されました。
当時、日本にはウェディングドレスはなく、国外から購入するしかなかったみたいです。
洋式の結婚式はあまり普及することはなく、ごく一部の人たちだけしかできなかったみたいです。
一般向けの結婚式として広まったのが1929年の婦人雑誌に洋式の花嫁衣裳としてウェディングドレスが紹介される記事が出たのですが、その当時の結婚式は仏式や神前式が多かったので普及しませんでした。
第二次世界大戦後、アメリカ文化が入ってきてから一般的にも知られるようになったのですが、ウェディングドレスを着て結婚式を行う人が少なく、1960年になってもウェディングドレスの利用者は全体の約3パーセントしかなかったそうです。
しかし、生活様式の洋風化になり、高度経済成長期などもあって、一般家庭でもウェディングドレスを着れるような裕福になり、60年代後半から80年代にかけて急速に普及していったのです。

 
 

ウェディングドレスの選び方

 

ウェディングドレスを選ぶときに、どんなところに気をつければ良いのかというと、まず、自分の気に入ったウェディングドレスを選ぶのが良いのですが、着たいウェディングドレスと似合うウェディングドレスドレスとは違う場合もあります。
それにウェディングドレスを選ぶときに、式場の広さや雰囲気によって、見栄えが異なるので気をつけましょう。
大きな教会で式を挙げるのであれば、長いトレーンとベールの正式なウェディングドレスが似合っていると思いますが、逆にレストランなどのカジュアルな式を挙げたい場合は、動きやすくて軽やかなウェディングドレスが似合うでしょう。
また、同じウェディングドレスであっても、着る人の体型によって、ウェディングドレスのイメージも変わって見えてしまいます。
ウェディングドレスは着る人を選ぶドレスもあるので、憧れで選んだウェディングドレスであっても、自分の体型には似合わない、ということもあるので、試着時にいくつかのウェディングドレスを選んで、一番自分に合ったものが良いでしょう。
また、新郎とのバランスも大事なので、新郎が正装なら新婦も正装、新郎がカジュアルな衣装なら新婦も準礼服程度のウェディングドレスを選ぶと良いでしょう。
ウェディングドレスを選ぶときに自分ひとりの考えだけで選ぶのではなく、新郎や親、兄弟姉妹、友人などの意見も参考にして選ぶと失敗も少なくなるでしょう。
ウェディングドレスを選ぶときは流行などに関係なく、自分の魅力を引き出してくれるウェディングドレスを選ぶのが一番良いでしょう。
キャバクラドレス・小悪魔ドレスをお探しならこちらの綺麗なキャバクラドレスの通販のお店ならラインの綺麗なドレスがいっぱいありますので是非見てみてください。

 

このサイトはLINK FREEです。